2030年10月25日

TOP記事(告知、総目次等)

総目次

ネギま×オリ主(18禁注意)
■ひかげ荘にようこそ←New 第百三十八話追加(2016/7/16)

リリカルなのは×武装錬金
■リリカル錬金(完結)

ネギま×オリ主(18禁注意)
■ろくでなし先生ズ(完結)

リリカルなのは×ガンダムOO
■りりかるグラハム(完結)

ネギま×武装錬金
■悪の従者は偽善者(完結)
■蝶人パピヨン先生(完結)

旧作はこちら
■旧作一覧
posted by えなりん at 19:57| Comment(14) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして、最近ここのサイトを発見した徘徊する者です。読ませていただいた作品はよく構成されて面白かったです。武装錬金×ネギまなど好きな作品をあそこまでうまく組み合わせて作品にする事は凄い事だと思います。これからも影ながら応援させていただきます。これからも良い作品を作って下さい。
Posted by 徘徊する者 at 2011年01月30日 08:09
はじめまして、徘徊する者さん。

お読み頂きありがとうこざいます。
このところ、クロスのブームだったので色々と書いてました。
現在はオリ主ものですが、読んでやってください。
あ、十八歳以上の場合においてのみですがw

それでは。
Posted by えなりん at 2011年01月30日 19:28
おつくりの話で御悩み中との事ですが、自分はえなりんさんの悪の従者シリーズで武装錬金にハマった口でアルカディアで削除されたことがショックだった人間です。批判や指摘は物書きに限らず様々な分野では必要なことだとは思いますが自分はえなりんさんの作品が大好きです。これらかも楽しみにしています
Posted by ジェミナス at 2011年01月31日 11:17
ジェミナスさん、どうもです。

ろくでなし子供先生ズは手元では完結済みであったりします。
ですので指摘を受けても直せないのが、一番問題なのです。
武装錬金の削除は申し訳なかったです。
やっぱり、当時あの後オリジナルを投稿してボロクソ言われ、カッとなって消してしまいました。
もう少し大人になって続けていこうと思います。

現在考え中なのは、ろくでなし子供先生ズの次です。
Posted by えなりん at 2011年01月31日 20:55
ドーモ、はじめまして、桔梗と申す者でございます。
えなりん様の御作品、読ませていただきました。内容は深く、よく構成されていて、    蝶面白かったです。特に武装練金と魔法先生ネギま!の小説は蝶最高でした。  
個人的にはカズキとエヴァの絡みがもう少し見てみたかったです!
単行本10巻にあった「武装練金アフター」のように、
蝶人パピヨン先生の後日談が読んでみたいです!
本編終了後のカズエヴァやパピヨン達を読んでみたいです!
もしお時間があればお願いします!(土下座)
長々と大変失礼しました。
これからも応援してます。
Posted by 桔梗 at 2011年08月21日 05:02
ども、桔梗さん

お楽しみいただけたようで幸いです。
いちゃいちゃしてたりする場面は意外と少ないのでしょうか。
後日談に興味はありますが、少し難しそうです。
現在別作品を執筆中でありますので。

以後、何も手をつけていない時に気まぐれでならあるかな?
気長にお待ちください。
それと次回作もよろしくお願いします。
Posted by えなりん at 2011年08月21日 22:17
初めまして、キワミ.EXEと言う者です。
一年ほど前からこのページを発見して、武装錬金クロスやネギま!オリ主物を読ませて頂きましたが、良く練られた内容とえなりんさんの文章力と相まって最高に面白かったです。

実は自分も以前から武装錬金とある作品のクロスに挑戦しています。ですが余りに内容と文章が(悪い意味で)香ばし過ぎておバカになっているので、これを機にリメイクというか、本格的に全話を書き直そうかと思っていす。
そこで質問なのですが、「カズキがサンライトハート(若しくは突撃槍)を構える」という部分を他の言葉で表現するなら、どの様なモノがあるでしょうか?
自分は文章力に乏しいので、もしよければ教えて頂きたいのですが・・・(´・ω・`)
Posted by キワミ.EXE at 2011年08月26日 14:12
ども、キワミ.EXEさん。

うーん、難しい質問ですね。
その時の状況次第で表現の仕方が変わってくると思います。
簡単に以下の二パターンに分けてみます。

状況1:カズキがピンチの時に初めてサンライトハートを握った場合

カズキは自分の命を必死に守ろうと、冷たく重い無骨な突撃槍を握り締める。
持ち手も構えもまるで出鱈目、威圧感など無きに等しい。
それでも生まれて初めて手にした武器は、カズキにとってこれ以上ない程に頼もしく存在であった。

状況2:戦い初めてしばらく経っていた場合

絶対に許せない、認められない。
こんなにも軽々しく人の命を扱って良いはずがないのだ。
胸に抱いた怒りそのものを伝えるように、カズキはサンライトハートを強く握り締めた。


と、こんな感じで。
状況1は、カズキが必死な感じがプラスされています。
ですので、どう構えたかはあまり表にでず、出鱈目の一言。
そして初登場のサンライトハートに対するカズキの気持ちを書いてます。

状況2は、カズキが怒った事を強調しています。
良くあるのは、痛いほど握り締めたとか、手の平の皮が滑り音がなる程など。

こんな感じで、カズキ次第で色々と変わってくると思います。
素早い展開の時は、単純に身構えたの一事でも良い場合も、もちろんあります。
ですので、その時その時の場面で、カズキが何を考えていたのか。
サンライトハートがカズキにとってどういうものなのかを考えて書けば良いと思います。

上手く伝わったか不安ではありますが、私はそう思います。
参考になれば良いのですが。
それでは。
Posted by えなりん at 2011年08月26日 20:16
おお成る程、そう言った感じなのですね!
実は俺もえなりんさんの影響で錬金原作のスタート時から書いているので、両者の状況も当てはまるんですよね。上手く書けるかは分かりませんが、何とか頑張ってみようと思います!
ご協力有り難うございました!(゚∀゚)
Posted by キワミ.EXE at 2011年08月26日 21:22
参考になったようで良かったです。
好きこそものの上手なれ。
やはり書いて書いて書きまくるのが上達の道かなと思います。
特に、自分の過去作品をたまに見返した時なんかわw
Posted by えなりん at 2011年08月28日 00:54
初めましてっ、とあるみかん と申します。

ひかげ荘を見に来てそのまま半日入り浸ることになって休みを消費したのを喜ぶべきか笑うべきか。
久しぶりに幻想水滸伝の小説を読んで懐かしい気分になれました。
ハジャたち3人の話が楽しくて夜中なのに笑っていました。

まだまだ読んでない作品があるので楽しく読ませていただきます!

これからの更新にも期待して待ってます〜。
Posted by とあるみかん at 2013年03月29日 02:53
初めまして。

いや、これまた古い作品を……お恥ずかしい限りですw
ただ、幻水は2のお話を一話なくしちゃってるんですよね。
しかも主人公が首になったユズちゃんが出てくるお話。
次の次でいきなり首になってて「?」でしょう。

古いお話は読み辛い所もあるでしょうが、お楽しみいただけて幸いです。
ごゆっくりお楽しみください。
Posted by えなりん at 2013年03月30日 20:05
はじめまして。
さっきはじめてひかげ荘読みました。
とても面白かったです。
出来ればまた更新待ってます。
頑張ってください。
Posted by りんきん at 2015年12月13日 22:16
お読みいただきありがとうございます。
また機会があれば、書こうとは思っています。
何時になるかはわかりませんが、お待ちください。
Posted by えなりん at 2015年12月16日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: