2016年03月06日

新規投稿サイト「カクヨム」について

新しくKADOKAWA(?)による小説投稿サイトが出来たみたいですね。
こちら

まだ出来たばかりなのでランキングはなく、ランダムかタブでの検索のみ。
ランキングは3月8日の火曜日に実装予定らしいです。
それを知らずに、ランキング何処だと探し回った挙句、理不尽にキレてたのは私です。
でもそんな大事な事はもう少し大きく書いておいて欲しかったです。

ランキングはなろうの二の舞にならないよう願っています。
posted by えなりん at 22:04| Comment(2) | 日記

2016年01月10日

凄くどうでも良い事

今期のプリキュアはプリンセスがモチーフ。
そろそろクライマックスで、以下のようなことが発生。

キュアプリンセスが、悪い夢みたいな物に取り込まれたんですわ。
メイドが紅茶を淹れようとしたので自分で出来ると言ったら王子(偽)に止められた。
「火傷をしたらどうする」
そしてクッキーを差し出され、
「君は笑っているだけで良い」
その後、すったもんだとありまして。
キュアプリンセスは自分で努力してプリンセスになりたいと悪い夢を脱出……

王子(偽)がど正論しか言ってない。
お姫さまって可愛く笑って国民を癒すのが仕事ですよね?
メイドの仕事とったらいけませんよね。
すったもんだの中に花の種を蒔いたら、一瞬で花が咲いてずっと枯れないとか異常なことはありましたが。
王子(偽)が正論しか言っていない。

そんな事を思いました。
posted by えなりん at 20:13| Comment(5) | 日記

2016年01月01日

元旦ですので

皆様、あけましておめでとうございます。

最近もやる夫を読んだり、スカイリムをしたりと、毎日がエブリデイです。
あと書き物もちょこちょこしてはいるのですが……
オリジナルを三〜五話書いては何か違うと、新しい話を繰り返し生み直してます。
サクッと上げると以下の感じです。

・武装商宇宙船がファンタジーな惑星に墜落するお話
 →時代を超えた武装や船の執事型AIが有能

・ゲームの中に三人のJSがこぶ付きで入ったので保護者になるお話
 →唯一ゲームを良く知る主人公(成人)が無双より保護者を選ぶ有情

・魔法=ナノマシンによる物理現象なSFファンタジー世界に迷い込むお話
 →脳味噌=演算装置なので現代人の脳味噌が高性能

・超能力者の異世界無人島生活をするお話
 →微妙な超能力と知恵で頑張る努力

・人間の感情を食む妖精の為にお金を与えるお話
 →日本銀行券が欲望に塗れすぎて美味い

微妙に細部の設定や登場人物、エロの有無をとっかえひっかえ上記の題材の中でまぜまぜしたり。
頑張ってるつもりでも中々、続けられません。
というか、昔はどうやってあんなにポロポロお話書けたんだろう。
二次創作ばっかだけど。

今年中に何か一本書く、いっそ中編でも良いから。
それを抱負とします。
posted by えなりん at 21:16| Comment(3) | 日記

2015年06月21日

皆も時間を泥棒されてしまえい!

『やる夫が異世界で前を向いて生きるようです』
 ニートでどうしようもなかったやる夫が、異世界転移でまともになるお話。
 ただし、異世界はベリーハードでマジで死ぬ、直ぐ死ぬ。
 序盤はマジで無理ゲー状態だが、そこを脱せば少しは上向きに。
 最終的には英雄だが、周りにはもっと凄い英雄がいるのであまり浮いていない。
 というか、戦ってるより剣を打ってる方が好きな感じ。

『やる夫は竜に呪われたようです』
 竜を倒してはないが、生きて戻った為に呪われてしまった兵士やる夫。
 上の作品とは違い、最初から強い切り札持ちだが、元々壊れ気味である。
 悪い意味で仲間の盾になることに躊躇がない。
 ネタバレになるので細部は書かないが、竜に立ち向かった理由が普通にありえない。
 のっけから英雄か、魔王かの二択しかない最強話が好きな人におすすめ。

『やる夫は青い血を引いていたようです』
 目下読み中、山奥の名主の養子であるやる夫は、断絶となった領主のご凋落だったお話。
 ただし、実は貴族だったぜ、やったぜというお話では全くない。
 それが発覚した途端、婚約者だった養子先の娘とは無理やり引き離されたり散々。
 貴族として教育を受けているわけでもなく、色々と苦労を重ねるお話。
 貴族の派閥とかそういうお話大好きな人におすすめ。

いや、時間泥棒にあっているというか……
仕事で時間も精神も摩耗してるんですけどね。
一ヶ月前にやる夫にはまっていなければ危なかったかもしれない。
posted by えなりん at 20:59| Comment(23) | 日記

2015年05月24日

やる夫にはまりました

最近、音沙汰なかったので投下。
タイトルの通り、やる夫スレにはまりました。
一種の食わず嫌いでしたが、これがまた面白い。
幾つかご紹介しますので気になった方はどうぞ。
リンク張って良いか分からなかったので適当にググってください。

『やる夫は巡り廻るようです』
 フリーゲームの巡り廻るの世界を冒険者としてやる夫がまわります。
 ゲーム知らなくても恐らく大丈夫。
 仲間は多数で銀さんとかガッツがいたり、ジョセフ(老)、カイジと様々。
 女性人は逆に東方のてゐとみくると少ない。
 最初は底辺の冒険者でありギルドの対応もおざなり、チーム名はスケイル・ボトムズなぐらい。
 そこから地道に仕事をこなして有数の冒険者に這い上がっていきます。
 ゲーム通り勇者(光の巫女)パーティは別におり、1期はそのサポート。
 2期から本格的に勇者パーティ相当になります。

『レミリアは世界を旅するようです』
 東方のおぜうが、オリジナル世界を旅するお話。
 いきなりやる夫が主人公ではありませんが、捧腹絶倒すること間違いなし。
 電車の中で顔がにまにまするのを耐えるのに必死になりました。
 個人的に知らない二次キャラもちょいちょいいますが全く気になりませんでした。

『【DQ3】やる夫がプレイ済みの異世界で冒険者になるようです。』
 こちらは本当にやる夫が主人公のDQ3もの(18禁)。
 トリップ系ですが、世界観が凄くシビアでスライムで死ぬ冒険者多数。
 ロマリアのさまよう鎧は、出現注意情報が酒場に出される程の強敵。
 最初は一人旅ですが途中から勇者(School Daysの誠)の仲間に。
 良くも悪くも普通の人間のやる夫が魅力的。
 あと作者はSchool Days知りませんが、誠も言葉一筋なので大丈夫。

『これが私のポケモンマスター様』
 ニートだったやる夫がニートに飽きてトレーナーになる18禁なお話。
 ただし18禁は凄く稀です。
 ヒロイン多数(大河、サーニャ、蘇芳、麦野、美琴、黒子、他)だが皆魅力的。
 あと手持ちにカイジやカマドウマと男キャラもいるので単純ハーレムではない。
 むしろこの二人のバトルも、ヒロインに負けず劣らず熱い。
 ただし2期からEXと凄く長いので、時間泥棒には注意(私はまだ1期の途中)

『やらない夫は猫を拾ったようです』
 やらない夫が主人公の教師と生徒(大河)の恋愛話(18禁)
 10話ぐらいと短いですが、エロいだけでなくとても良いお話でした。
 とらどら見た事ないですけど、大河を好きになりました。

とまあ、この辺で私は時間泥棒にあっています。
復帰は遠い・・・
posted by えなりん at 19:45| Comment(5) | 日記